LDK GAMEのセーブ出来ない問題を検証する

LDK GAMEのセーブ出来ない問題を検証する

Date | 2019年5月12日  Category | ガジェット,ゲーム - Tag | ,

先日購入をしたLDK GAMEなのですが、ゲームのセーブが上手く出来ない事が多く、前回ファームウェアをアップデート。 それでもその後、遊んでいると使用中のエミュレーターが立ち上がらなくなってしまいました。

セーブしているデータが不具合を起こしていると見込んでセーブデータがどこにあるか追求しました。

あくまでも僕のケースなのでこれで解決するのかわかりませんが、この辺りをいじってみると一時的にですが、改善がされるかもしれません。

今回立ち上がらなくなったのはSupernes

ゲームプレイ中にSAVE STATEでセーブ。 一度電源を切って立ち上げるとromを選択してもゲームが始まらず、romの選択画面に戻る現象が発生。 全くゲームが出来ない。

microSDを抜いてカードの中を見る

カードのルート階層に問題のフォルダ

立ち上がらなくなったSupernesのフォルダが出来ています。 エミュレータを起動すると作成されるフォルダの様です。 起動していないエミュレーターのフォルダは存在していませんでした。

問題のフォルダを開く

フォルダを開くと.srm、.sv0、.optの拡張子のデータ。 ゲームのセーブデータとオプションの保存データらしきものが入っています。

.srm (ゲーム上の通常セーブデータ?)
.sv0 (STATE SAVEスロットのセーブデータ?)
.opt (おそらくオプションの設定?)

.sv0だけ残して削除してみたらSAVE STATEからゲームが選択出来ました

画面設定などのオプションはもちろんリセットされましたが、セーブデータから無事ゲームが出来ました。

根本的な解決にはなっていないので検証がもう少し必要

セーブ系の問題は頻繁に起こるのでファームウェアの改善を待つか、今回の様な方法で症状ごとに調べて対応していくしかないのかもしれません。

セーブデータの置き場所はわかったのでその辺りを見てみると改善するかもしれません。

カードの抜き差しが辛いですが・・・

Pocket



Gadgets for life