超小型PC GPD Pocketを活用する#1(ブログ更新編)

超小型PC GPD Pocketを活用する#1(ブログ更新編)

Date | 2019年3月23日  Category | GPD,Windows,ホームページ制作 - Tag |

外出時の緊急対応用として購入した超小型7インチPC GPD Pocketですが、あんまり緊急で対応が必要なケースはないため、一回も使ったことはございません。あったら困るのですが。笑

先日出張時の電車の車内でどうしても次の日にアップしなければならない動画の編集と変換をしたのですが思っていたよりも使えて助かったので緊急対応以外にも活用が出来るのではないかと感じて検証したいと思いました。

今回は仕事ではないですがこのブログを電車で編集して更新するのを想定して使用感や使用方法を検証したいと思います。

このGPD PocketはSIMスロットなどは無いため、オフラインで編集をしてアップはネット環境がある自宅で更新する想定にして、もちろんすべての作業はこのGPD Pocketを使用。この記事はGPD Pocketで入力しています。

①記事の下書きはDream Weaverで。

可能な限り入力の手間を減らすため、ビジュアルエディタであるDWを使用しました。使用感としてはまずまず。
画像もプレースホルダーで予め入れておきます。
出来たらHTMLで保存。

②写真はPHOTO SHOPでリサイズ。

画面が小さいためリサイズと少し画像を明るくした程度。
特にこだわりはないので今回は簡単な作業のみ。
パス切りなどはマウスがないと無理かも。

③アップはブラウザで

ここからは家での作業想定なのでマウスを使いました。
画像の枚数が少ないのでとりあえず記事をコピペしてから画像は一枚ずつ挿入しました。
特に時間はかからないのでこの運用でも問題なさそうです。
マウスがあるとかなり快適です。

まとめ

電車内だと吊革につかまる事もあるので両手持ちになるとドア付近にもたれかかるか、座るかの2択。
隣に人が座っているとタイピングがウザいかもしれないのでドア付近の作業となりそう。
駅のベンチだったら問題ないんじゃないかと思いますね。

両手持ちのスタイルするにしてももう少しPCのサイズが小さいほうが打ちやすそうです。

ということでGPD MicroPCを出資しました。笑

今後も違う作業を検証していきたいと思います。

Pocket



Gadgets for life