BITTBOYのCFW v3.8で動画を最後まで再生すると二度と再生が出来なくなってしまう症状を検証する

BITTBOYのCFW v3.8で動画を最後まで再生すると二度と再生が出来なくなってしまう症状を検証する

Date | 2019年6月8日  Category | ガジェット,ゲーム - Tag | , ,

僕のBITTBOYはゲームではなく動画再生プレイヤーとして活躍しています。
音と映像のクオリティはちょっとなのですが、スマホよりも軽くて小さいのが気に入っています。軽いから落としても壊れなさそうだし。

CFW v3.8になって様々な改良がされましたが、動画再生アプリのMPLAYERで動画を最後まで再生してしまうと二度と再生出来ない症状が発生・・・

動画再生に使用している人がいるのか謎ですが、検証することにします。

最後まで再生した動画をもう一度再生する

動画を選択してBボタンを押すと再生が始まるはず・・・

読み込み中

読み込み後、再生がされるはずですが・・・

選択画面に戻ってしまう

さ、再生が出来ない!
同じ動画を2回再生出来ない!なぜだ・・・

microSDを開いてみる

Ubuntu MATEのPCでmicroSDの中身を見てみることにします。
appsフォルダを開いて

mplayerのフォルダの中を見る

run.shをPluma(テキストエディタ)で開く

RESUMEの記述を発見

BITTBOYのCFW v3.8ではMPLAYERでの動画の再生位置を記憶する機能が追加されたのですが、この仕様変更が怪しいと薄々感じていました。

よくわからないけどコメントアウトしている#を試しに消してみる

僕はプログラマーではないので良く意味がわかりませんが、#echo "Quit"と#echo "End"のコメントアウトの#を試しに消してみました。
echoだから再生を終了したら出力がされるのかな?
開発者がテスト用で入れた記述の気もしますが・・・

#消したら保存

BITTBOYの画面に何か表示がされるかも・・

再生出来なくなったデータのフォルダを確認

隠しファイルを表示してみると.resumeの拡張子のデータがあるので削除。(これが残っていると再生出来ない様子)

最後まで再生した動画が再生可能に!(なぜかわからないけど)

echoの出力結果を期待していたのですが、最後まで再生した動画がもう一度再生が出来るようになりました。
RESUME(再生位置の記憶)機能もきちんと動作している模様。

なんだか腑に落ちないですが、正しく使えるようになったので良しとします!

CFW v3.8では動画再生中の音量調節と明るさ調整も出来るように改良されているのでまだの方はオススメです。

Pocket



Gadgets for life