3.5インチPCのタッチパネル運用を試す

3.5インチPCのタッチパネル運用を試す

Date | 2019年9月15日  Category | PC,ガジェット - Tag | , , ,

Raspberry Piに3.5インチモニターを結合した超小型PC。
現在はミニキーボードで操作をしているのですが、もう少し直感的に使いたいと思っていたので、今回はタッチパネル運用を試します。

早速検証スタート!

3.5インチモニターのドライバを入れる?

ドライバを入れるつもりだったのですが、タッチずれがなかったのでパスしました(笑)
Nintendo DSと同じ感圧式のタッチパネルですが、割と反応も良いです。

ソフトウェアキーボードをインストール

デフォルトではソフトウェアキーボードは入っていない様子なのでインストール。

sudo apt-get install matchbox-keyboard
続行しますかでy

インストール完了!

続いてmatchbox-keyboard &でソフトウェアキーボードを立ち上げます。

いよいよタッチパネル運用を試します

Google検索でYoutubeを検索してみます。

キーボードは常に表示がされたまま。

モニターに付いてきたペンを使用します。
結構入力しづらい(笑)

「youtube」を入力でRetをタップします。

検索出来ました!

リンクをタップしてYoutubeを表示!

なぜかフレディリックをオススメされたので見ることにします(笑)

イヤフォンを挿してないので音が出てませんが、音は脳内で補完(笑)

やってみた感想はかなり厳しい

タッチパネル運用は出来ない事もないですが、実用的な操作感ではないです。

今後、良くなっていくことを願いつつ(他力本願)、普通にキーボードを使うことにしました。

 

Pocket



Gadgets for life