超小型PC GPD Pocket活用#2 (Photoshop編) 写真を切り抜く

超小型PC GPD Pocket活用#2 (Photoshop編) 写真を切り抜く

Date | 2019年4月7日  Category | GPD,Windows,ホームページ制作 - Tag | , , ,

GPD Pocket(初代)活用第二弾!
今回はPhotoshopで写真を切り抜き(パス切り)を検証してみました。
Photoshopでパス切り作業が出来ればその他のソフトでもデザイン系の作業が出来る気がします。

マウスなし、ありの2パターンを試してみたので購入を考えているデザイナーさんの参考になればなと思います。
初めて使ってみてわかったこともありました・・・

それではスタート!

いつも撮影をしているカメラの写真。
これをPhotoshop(CS5.5)で切り抜きます。

作業開始でいきなりトラブル発生!ショートカットが効かない!

写真を拡大(ズーム)する際に使用するショートカット「CTRL」+「+」が効かない!
「CTRL」+「SHIFT」+「+」でもダメ。
ズームアウトの「CTRL」+「-」はOK!

仕方ないのであっさり諦めて表示メニューから拡大しました(笑)
これでパス切りしていきます。

検証①デスクに置いてトラックポイントを使用

決して使いやすくはないですけど、感覚としてはマウスを使っているのに近いです。
タッチパッドでやるよりはいいかもしれないです!

ただ、やりづらいことは確かでストレスが溜まりそう。

検証②両手持ちスタイル

半分くらいこれでパス切りしました。
右の親指(トラックポイント側)がつりそうでした。

GDP Pocketが意外と幅があるので手の小さい僕には結構キツイです。

写真の位置を掴んで移動するときに「左クリック」+「スペース」+「トラックポイント」の3つを押します。
この時は人差し指も投入するのでモンハン持ちみたいになります(笑)

パスの拡大図

GPD Pocketの画面が小さいのでここまで拡大しないとアンカーポイントが良く見えない。
どこまでパスを切ったのかが分かりづらいのは確かです。

検証③マウス投入

かなり快適です。マウスを使用すると最初からやっても3分位で終わっちゃいそうな気がします。
マウスって偉大な発明だと思いました。

しかもショートカットで使えなかった写真の拡大(ズーム)が「alt」+「スクロールホイール」で使えます。

切り抜き(パス切り)出来ました

お疲れ様でした。肩コリが(笑)

出来上がった写真

よく見ると抜けてないところがありました。
仕事じゃないのでスルーします(笑)

GPD PocketでPhotoshopで写真を切り抜いてみた感想

マウスなしでも1枚くらいだったら大丈夫です。
2枚以上になっちゃうと心が折れます(笑)

効率を考えるとマウスを使用したほうが圧倒的に早いです。
マウスありだったら全然使用できるのではないでしょうか。

こんな小さいサイズでPhotoshopがきちんと使えるGPD Pocket。
それだけでも持っている価値があると思います!
GPD Pocket 2になるとトラックポイントの位置が変わりますので参考程度にどうぞ。

それではお疲れ様でした。

Pocket



Gadgets for life